メインコンテンツへスキップ
プロダクト Product

ResQ Financial Reporter

ResQ Financial Reporter は、損害保険会社におけるIFRS第17号の煩雑なプロセスを解消し、エンドツーエンドで時間と労力を削減します。 貴重な時間とリソースを解放することで、ビジネスにとって最も重要な中核業務に集中できるようになります。

お問い合わせ

ResQ Financial Reporter は、損害保険会社が導入直後より活用することができるIFRS第17号のためのソリューションです。 このソリューションは、国際会計基準導入時の主要な課題と複雑なプロセスに対応しています。リザービングやその他の前提条件をシームレスに適切な測定モデルに流し、さらに財務システムに反映します。

ResQ Financial Reporter

ResQ Financial Reporter は、損害保険会社における IFRS第17号の煩雑なプロセスを解消し、エンドツーエンドで時間と労力を削減します。ビジネスにとって最も重要な中核業務に集中できるようになります。

ResQ Financial Reporter は、一般モデル(GMM)と保険料配分アプローチ(PAA)の両方を実装しており、IFRS第17号のプロセスの課題に対処しています。IASBの会計基準に準拠した強力な前提管理機能とマッピング済みレポートを提供することで、IFRS第17号の導入コストを大幅に削減します。

ResQ Financial Reporter は、IFRS第17号の計算エンジンおよびデータ管理ソリューションです。IFRS第17号の煩雑なプロセスを解消し、企業はビジネスの中核業務に集中できるようになります。IFRS第17号の会計基準に則った財務諸表や付随する開示資料を作成するための、実装が容易で効率的なフレームワークを提供します。

ユーザーは、柔軟で直感的なインターフェイスを使用し、適切に管理された監査環境で業務を遂行できます。期限内に効率良くIFRS第17号の財務諸表を作成するために、分析、レビュー、レポート、検証、および感応度テストをサポートします。

ResQ FRが選ばれる理由

  • 計算式の構築を必要としないため、導入直後より機能とモデリングを利用できます。カスタムコンポーネントの開発時間が減り、モデル実装時間が大幅に短縮されます
  • 支払備金分析から期間ごとのキャッシュフローを作成管理し、多くの入力、パラメータ、および前提条件の生成を容易にします
  • ロールフォワード機能により、前期の分析の前提とモデルセレクションをキャリーオーバーすることができます
  • 財務システムとの統合を可能にする詳細で柔軟なアウトプット。 モデルの出力結果はデフォルトでIFRS第17号に準拠した財務諸表および開示資料のひな型に対応する勘定科目にマッピングされます。
  • 個々のユーザー認証と権限設定により、包括的なガバナンスとリスク管理が実現します。 監査とガバナンスのために、すべての入力、前提条件、出力は保護され、保存されます。 オプションにて当社のワークフロー自動化ソリューションのUnify と統合することにより、ガバナンスを強化することができます。

メリットは以下のとおりです

  • 迅速な実装
  • 導入直後から使用開始できる機能
  • 既存のシステムおよびデータソースとの統合
  • エンドツーエンドのレポート作成プロセスとロールフォワード
  • 簡単なメンテナンス
  • 包括的な監査証跡とガバナンス

プロセスとワークフローの自動化

ResQ Financial Reporter は、スタンドアローンの計算エンジンとして利用する以外にも、 ResQ(WTWのマーケットをリードするリザービングソリューション)、Unify(WTWのワークフロー管理、自動化、システム統合ソリューション)と連携させて利用できます。 以下の図は、IFRS第17号のワークフローと ResQ Financial Reporter の位置付けを示しています。

ResQ Financial Reporter およびIFRS第17号ワークフロー
ResQ Financial Reporter およびIFRS第17号ワークフロー
ResQ Financial Reporter のワークフローには7つの重要な要素があります:グルーピングと変換、レポーティング、モデルの選択、結果の確認、財務諸表、ディスクロージャー、キャッシュフロー。 CSV ファイル、 ResQ ファイル、およびその他のデータベースを含むデータフィードは、グルーピングと変換モジュール、およびレポーティングモジュールの両方に取り込まれます。 グルーピングと変換モジュールからの情報は、レポーティングモジュールに送られ、さらに測定モデルで一般モデルまたは保険料配分アプローチのいずれかが適用されます。その後、情報は結果の確認モジュールを経て財務諸表、ディスクロージャー、そしてキャッシュフローに送られます。 また、レポーティングモジュールに再入力される前に、結果の確認モジュールからフィードバックループがあります。ここでは、データのレビューと修正を行います。 ResQ Financial Reporter - 概要
ResQ Financial Reporter - 概要
ResQ Financial Reporter - 概要
There are six components to ResQ Financial Reporter: • マーケットをリードする支払備金分析のためのプラットフォームである ResQの一部でありながら、スタンドアローン・システムとして使用可能 • アロケーションモジュールにより、保険負債、各種残高、パターン、リスク調整を異なる粒度や基準(事故年度vs引受年度)へ変換 • 損害保険会社向けIFRS第17号対応のための計算エンジンとして、一般モデル(GMM)と保険料配分アプローチ(PAA)の両方に対応 • 計算結果のバリデーションを支援するレポートの作成、ディスクロージャーや結果の確認を含む事業運営上の重要な意思決定に必要となる経営情報を提供 • プロセスを管理するツールである Unifyと統合することで、安全で透明性の高い環境下で迅速にレポートを作成 • データを柔軟にインポート/エクスポートすることにより、データと財務会計システムを容易に統合
Contact Us