メインコンテンツへスキップ
調査報告 | 人事コンサルティング ニュースレター

2022 グローバル・ジェンダー・資産公平性レポート

2022年11月28日

当社の資産・公平性レポートによると、退職時の男女間の資産格差が大きいことを示しています。 キャリア、家族のサポート、ライフイベント、金融リテラシーが資産の蓄積に与える影響を探ります。
Compensation Strategy & Design|Executive Compensation|Inclusion and Diversity|Retirement
N/A

ジェンダーの不公平は、女性の就業生活全体に影響を与える長年の問題です。 多くの場合、ジェンダーの不公平等の評価は、給与、キャリア、年金、またはリーダーシップの地位という単一のレンズを通して行われますが、現実には、不公平は多面的であり、そのように研究する必要があります。

WTWと世界経済フォーラムによる新たな主要調査により、退職時の男女の資産格差が顕著であることが明らかになりました。弊社の資産公平性指数によると、世界の女性は退職後、男性の74%しか資産を蓄積していないと予想されています。

WTWのグローバル・ジェンダー・資産公平性レポートは、世界5地域における男女の資産の公平性の違いを調査し、キャリア、家族のサポート、ライフイベント、金融リテラシーが資産の蓄積に与える相互関連の影響など、格差の理由を分析しています。また、雇用主が男女間の公平性を向上させるために取るべき行動についても紹介しています。

資産公平性指標とは?

世界経済フォーラムと共同で開発した「資産公平性指標」は、女性の生涯における男女間の不公平を総合的にとらえ、退職時の男女間の資産格差を定量化したものです。これは、女性がキャリアの終盤における資産の蓄積においてかなり不利な状況にあることを裏付けています。

Contact Us