メインコンテンツへスキップ
特集、論稿、出版物 | 企業リスク&リスクマネジメント ニュースレター

ポリティカルリスクインデックス– 2022年春

世界で最も脆弱な国のパターンを分析する

Climate|Credit, Political Risk and Terrorism
Climate Risk and Resilience|Geopolitical Risk

2022年7月11日

この特別版では、弊社の寄稿者が50か国の気候リスクに特に焦点を当てています。

Oxford Analyticaと共同で作成された、ポリティカルリスクインデックス2022年春版へようこそ。 10年以上の間、このインデックスのキャッチフレーズは、「世界で最も脆弱な国のパターンを分析する」ことでした。 インデックスのこの特別版では、特に脆弱性の1つの領域である気候について詳しく見ていきます。

気候変動の影響を最も受けると予想される50か国のうち*、41か国が1人当たりの所得の最も低いカテゴリーに含まれています。 残りの9つは、バングラデシュ、ミャンマー、トンガを含む2番目に低いカテゴリーに含まれます。 このレベルの所得の国は、地球規模での二酸化炭素排出が最も少なく、さらに自然災害に対応する能力が最も低い傾向があります。 したがって、気候変動に対するこれらの国々の深刻な脆弱性は、道徳的かつ人道的な悲劇です。

このエディションでは

インデックスのこの特別版では、Oxford Analyticaの寄稿者とアナリストに、紛争や政治的安定への影響、気候政策に関する開発途上国の立場への影響、そして緑の党と環境運動への影響など、インデックスがカバーする国の政治に気候がどのように影響しているか評価するよう依頼しました。

この特別版のインデックスは、収用から為替兌換制限、政治的暴力まで、弊社のポリティカルリスクインデックスがよく知られている主要な政治的リスクの危険をカバーしています。 もちろん、これらの危険は、ウクライナでの紛争と、特にその世界の農業市場への波及効果の高まりに照らして、数多く取り上げられています。

いつも、このポリティカルリスクインデックスをお読みいただきありがとうございます。今回のエディションも、皆さまにとって興味深く、価値ある情報となりましたら幸いです。

<本レポートのダウンロード方法>
下記のフォームにご記入、送信いただくと登録いただいたメールアドレス宛にダウンロードページへのリンク含むメールが送られます。そちらのページより、本レポート(英語:全402ページ)がダウンロードいただけます。

なお、保険会社様、競合他社、弊社としてお取引しかねるお客様、個人事業主様のご登録はご遠慮いただいております。予めご了承ください。

*レポートの内容、テキスト、画像等の無断転載・複製・印刷・配布を固く禁止いたします。

レポートダウンロード&ウェビナー視聴登録フォーム

Contact Us