メインコンテンツへスキップ
N/A
Climate Risk and Resilience

執筆者 Graham Knight | 2022年5月23日

不確実性に立ち向かうー地政学的混乱の真っただ中におけるエネルギー・トランジション・マネジメント

2022年のWTWのエネルギー・マーケット・レビューへようこそ。COVID-19と過去2年間の壊滅的な影響だけでは不十分であるかのように、私たちは今、誰もが忘れないであろう最も激動している地政学的時代に生きています。私たちは東欧の動向に直接影響を受けた人々に思いをよせることしかできませんが、このレビューが発表されるまでに、現在の危機の解決よりも現実的な見通しになっていることを願っています。

もちろん、エネルギー産業への影響はすでに深刻です。 ここ10年以上の間、石油価格がこれほどまで高くなったことはありませんでした。 確かに、西側政府はロシア産の石油と天然ガスの利用を避ける決意を示し続けており、彼らが予見可能な将来に渡ってこのスタンスを取り続けることは明らかだと思われます。

以前、石油価格の上昇は一般的にエネルギー業界にとって朗報でした。 保険会社にとってもまた、それらは通常、新しい建設プロジェクトとともに、より大きな掘削装置の利用、製油所のマージン、探鉱および生産活動からの収入保険料の増加を意味していました。 しかし、COP-26により、今やエネルギー業界はエネルギー・トランジションという結果に折り合う必要があります。これは、政府が石油と天然ガスに代わるエネルギー源を見つけるための取り組みを強化するのに加えて、東ヨーロッパでの最近の出来事によって実際に加速される可能性があります。 このトランジションは、この新しい地政学的時代に対応したとしても、石油および天然ガス産業の将来の拡大は、比較的短期的で限定的なものになる可能性があることを意味します。

2年前に英国サリー州ペニーヒルパークで開催された、最初の対面イベントである、ヨーロッパ・エネルギー・カンファレンスでは、これらの問題について、エネルギー業界自体とWTWのClimate Resilience Hubの両方から、さまざまな著名な講演者と話し合いました。 開催された一連のプレゼンテーションとパネルディスカッションから浮かび上がった重要なメッセージは次のとおりです:エネルギー・トランジションは誰をも待ってくれないだろうということです。 エネルギー業界に関与するどのリスクマネージャーも、新しい地政学的状況とネットゼロ排出目標の達成に向けた勢いの高まりの両方から生じる不確実性に対処する必要があります。

私たちは今回のレビューに「不確実性に立ち向かう」というタイトルを付けました。これは、今世紀始まって以来、エネルギー業界が直面する最も困難で不確実なリスクの状況であると考えているためです。

  1. このレビューのパート1には、リスク・モデリング(特に物的リスクとトランジション・リスクに関連して)、地政学的リスクの管理、および会社役員と投資家の潜在的なエクスポージャーに関する記事が含まれています。 また、エネルギー・トランジションが最終的に世界中でどのように展開するかについての米国からの見解も含まれています。
  2. パート2には、エネルギーのシニア・レベルのアンダーライターに対して最近行った2つのインタビューの編集録が含まれています。 カバーを提供する際にバイヤーのESGに関する実績を評価するという問題について、共通で、一貫性があり、実行可能なスタンスを開発するという点で、保険マーケットは全体としてまだ先駆的な段階にあることは疑いようがありません。 ただし、ロンドン・ジョイント・リグ・コミティー(London Joint Rig Committee)による新しいエネルギー・トランジションに関する質問書の作成は、少なくとも、保険会社がクライアントのESGプロファイルを評価するための共通のアプローチを開発するための出発点を表すものです。一方、SCORのDavid Cosseratは、保険会社が時間の経過とともにESGへの焦点をどのように発展させるかについて興味深い視点を提供しています。 また、最近のコモディティー価格の上昇の結果としての資産評価の上昇によって提起された問題と、それらが将来の保険金支払いにどのように影響する可能性があるかについても見ていきます。
  3. パート3では、いつものように、エネルギー保険マーケット自体に焦点を当てます。 東ヨーロッパでの出来事が発現するまで、話は以前のハード・マーケットの穏やかな緩和の話でした(そして大部分は今でもそうです)。 実際、一部の事業分野では、最も訴求されたビジネスに対して実際保険料率の引き下げがようやく見られました。

<本レポートのダウンロード&ウェビナー視聴の方法>

右記のフォームにご記入、送信いただくと登録いただいたメールアドレス宛にダウンロード&視聴ページへのリンク含むメールが送られます。そちらのページより、本レポート(全110ページ)がダウンロードいただけます。また、レポートの発表に合わせてUKにて開催されたウェビナーも同ページにて視聴いただくことができます。

なお、競合他社、弊社としてお取引しかねるお客様、個人事業主様のご登録はご遠慮いただいております。予めご了承ください。

執筆者

Head of Global Natural Resources,
WTW

Contact Us