メインコンテンツへスキップ
調査報告 | 企業リスク&リスクマネジメント ニュースレター

企業の風評リスクは準備ができていますか?

N/A
N/A

2022年2月9日

WTWは、風評リスクに対する組織の準備状況について500人のグローバルシニアエグゼクティブにサーベイを実施しました。 この調査結果は、組織がこれらのリスクを管理する上で最高レベルの成熟度に達するためには、より多くのことを実践する必要があることを示唆しています。

企業のレピュテーションを確立するには多くの時間を要しますが、それが失われるのはあっという間です。現在のようなソーシャルメディアの時代では、リスク要因の範囲は広がりとそれらが進化する速度が高まっています。

かつては深刻な製品故障や金融詐欺が組織の名声を傷つける原因となっていたかもしれませんが、今日では、誤った判断によるツイートによって同じレベルの損害が発生する可能性があります。

インシデントはどこからともなく発生し、瞬く間に広がるように見える場合があります。

  • では、レピュテーションに関わる事象に対してどのように予測、定量化、準備をすればよいでしょうか?
  • そして、もし事象が発生した場合、貴社のブランドと収益へのダメージをどのようにしてコントロールできるでしょうか?

さまざまなセクター、そして世界中から、500人のグローバルシニアエグゼクティブに対して彼らのアプローチについて尋ねました。

調査サンプルと方法論

本サーベイは、2021年11月に、phone-to-web手法を使用して、調査パートナーであるColemanParkesによって実施されました。

組織全体のリスク戦略を担当するシニアエグゼクティブから500件の回答を得ております。 回答者は、ヨーロッパ、南北アメリカ、アジア太平洋、アフリカの20か国に拠点を置いています。

主な調査結果

リーダーは、風評リスクに耐えることができると確信しています

全体の89%が、レピュテーションと環境、社会、ガバナンス(ESG)の問題に対する自組織のレジリエンス(回復力)を、良い(66%)または非常に良い(23%)と評価しました。

そのほとんどは、評判リスクを管理するチームを持っています…

10人に9人(90%)は、重大な敵対的な公開された事象に対応する正式なチームを配置していると述べていて、93%は、危機管理能力をテストするために毎年演習を行っています。

本レポートのダウンロードの方法

右記のフォームにご記入、送信いただくと登録いただいたメールアドレス宛にダウンロードページへのリンク含むメールが送られます。そちらのページより、本レポート(英文、全16ページ)がダウンロードいただけます。
なお、競合他社、弊社としてお取引しかねるお客様、個人事業主様のご登録はご遠慮いただいております。予めご了承ください。

Contact Us